クイーン映画のキャストを比較!本人との違いは?

クイーン映画のキャストを比較!本人との違いを徹底的に調べました。

伝説のロックバンドと言えるクイーンの半生を描いた映画「ボヘミアン・ラプソディ」は、世界中で大ヒット上映中ですね。

クイーンのボーカルだったフレディ・マーキューリーにスポットを当て、往年のファンからクイーンを知らない世代でも引き込まれる作品です。

 

クイーンを知らなくても曲は聴いた事がある方が大半だと思いますし、「ボヘミアン・ラプソディ」を見ればクイーンの魅力を余すことなく知ることができます。

映画「ボヘミアン・ラプソディー」でクイーンメンバーのキャストについて、本人との違いを考察していきます。

スポンサードリンク

ボヘミアンラプソディー映画のあらすじは?

映画「ボヘミアン・ラプソディ」は伝説のロックバンドであるクイーンの、栄光とフレディ・マーキュリーの隠された実像に迫っています。

何と言っても「ボヘミアン・ラプソディ」の最大の見どころも音楽で、クイーンの歴代の名曲が惜しみなく登場してくるところですね。

フレディ・マーキュリーは両性愛者と言われていて、エイズが原因で45歳という若さで帰らぬ人となりました。

 

華やかなクイーンのボーカルとしての顔とは対照的に、今まで公表されてこなかったプライベートの部分も映画の中では描かれています。

「ボヘミアン・ラプソディ」は本当にクイーンのライブを見ているような感覚で、フレディ・マーキュリーが生きているような錯覚さえ覚えるクオリティですね。

スポンサードリンク

クイーン映画のキャストを比較!本人との違いは?

View this post on Instagram

♚Queen♚ ♛︎ Good morning Freddie 💞 Good morning everyone! Have a nice day! ♛︎ 🎬『Bohemian Rhapsody』 Congratulations! Academy Award nomination💫 ♛︎ 穏やかな性格が顔に出てるのも同じディーキー☺️ ・ 甘いマスクの超~イケメン💫ロジャー🤩激似ではないけど🙏💦イケメン✨👍😆 ・ 作っているうちにブライアン・メイ本人がどっちか🤔わからなくなってきた(笑)きっと右☞ ・ そして!そして! なんと言っても愛してやまないフレディマーキュリー✨😍セクシーなところがもぅ少し欲しかったけどLive Aidでは本人に見えるくらい素晴らしかった👨🏻😭😭😭 ♛︎ 本日!応援上映で10回目の鑑賞して参ります🎬 天国のフレディにお祝いのコールアンドレスポンス捧げてきます💞💞 AYーーーーーーーーーーーーOH!✊🤩 #queen #bohemianrhapsody #bohemianrhapsodymovie #academy #freddiemercury #brianmay #rogertaylor #johndeacon #伝説のロックバンド #クイーン #フレディマーキュリー #ブライアンメイ #ロジャーテイラー #ジョンディーコン #ボヘミアンラプソディー #アカデミー賞ノミネート

A post shared by ♚Freddie_Love❥ (@care_0905_0909) on

世界的ロックバンドであるクイーンの映画化ということで、やはり重要なのはクイーンメンバーを演じるキャスト陣ですね。

そこで4人のクイーンメンバーを演じたキャストと、実際のクイーンメンバーとキャストを比較していきます。

役柄フレディ・マーキュリー:ラミ・マレック

クイーンのボーカルのフレディ・マーキュリー役を演じたのはラミ・マレックは、この役を演じるうえで1年にわたって役作りをしています。

ネット上ではフレディ・マーキュリーにそっくりという意見や、見た目だけじゃなく魂も宿っているとの書き込みもありました。

私もクイーンを実際に見たことはありませんが、ラミ・マレックを見た時は兄弟かと思うほど似ていると感じましたね。

役柄ブライアン・メイ:グウィリム・リー

https://twitter.com/muffin_muffin01/status/1113820624365838341

クイーンのギター担当のブライアン・メイ役を演じたのは、グウィリム・リーですが、うりふたつと言えるくらい似ていますね。

ちょっと油断したら本物と間違うほどのクオリティで、髪型だけじゃなく雰囲気も似ている感じです。

ブライアン・メイさんも自分だと思ってしまうと話しているので、本人のお墨付きを得ていて間違いなくそっくりですね。

役柄ロジャー・テイラー:ベン・ハーディ

クイーンのドラム担当ロジャー・テイラーを演じているのは、ベン・ハーディで見た目は似ているといえば似ている感じですね。

似ているとは思いますがメイ・ブライアンが激似なので、比較したら似てないかなという人も多くいた感じです。

ちょっとロジャー・テイラーは哀愁漂う感じもするので、雰囲気という部分では少し似てないかなんと個人的には感じましたね。

役柄ジョン・ディーコン:ジョー・マッゼロ

クイーンのベーシスト担当ジョン・ディーコンを演じているのは、ジョセフ・マゼロで本物とそっくりで激似ですね。

ジョン・ディーコンと見た目が似ているのはもちろんですが、穏やかで優しい雰囲気も似ていて完成度はとても高いと感じました。

顔の輪郭も本物じゃないかと思うほど似ているので、往年のクイーンファンも納得のキャストなのは間違いありませんね。

スポンサードリンク

クイーン映画のキャストを比較!ネットの反応は?

View this post on Instagram

* * 着物ロジャー(娘)が可愛すぎるし 着物ディーキー(息子)の胸元開きすぎてセクシーだし ブライとフレディは二人の両親ポジションみたいだし いやはや、可愛い…QUEEN Family👑💞 Goodnight:)★ * #QUEEN #RogerTaylor #RogerTaylorqueen #RogertTaylorDrums #drums #drumer #BrianMay #BrianMayQUEEN #BrianMayGuitars #guitar #guitarist #JohnDeacon #JohnDeaconQUEEN #JohnDeaconBass #bass #bassist #FreddieMercury #FreddieMercuryQUEEN #FreddieMercuryVocal #vocal #Vocalist #BOHEMIANRHAPSODY #QUEENLOVE #クイーン #ロジャーテイラー #ブライアンメイ #ジョンディーコン #フレディマーキュリー * 2019.03.08(Fri)

A post shared by Marisu_Taylor (@rogertaylor_0726) on

映画「ボヘミアン・ラプソディ」のキャストについてのネットの反応は、キャストとは思えないほど完成度が高いという反応が多かったですね。

やはり実在のバンドを映画化する時にキャストが似ていなかったら、いくら映画のストーリーが良くても面白さは半減してしまいますよね?

とくにクイーンを映画化するとなればキャストの選定も難しい部分でしたが、4人ともクイーンが復活したと思えるくらい見事でした。

 

ネットの反応をまとめると「クイーンそのもの」と絶賛する人ばかりで、映画「ボヘミアン・ラプソディ」が大きな感動を呼んでいるのも、キャスト陣の功績が大きいと言えますね。

クイーンを知らない人でも伝説のバンドを体感できるのが「ボヘミアン・ラプソディ」で、映画を見てCDを購入した人も続出しているようです。

スポンサードリンク

クイーン映画のキャストを比較!本人との違いのまとめ

映画「ボヘミアン・ラプソディ」のキャストについて紹介してきましたが、本物のクイーンと変わりないクオリティの高さが印象的でした。

これだけ世界的に大ヒットしている要因として、間違いなくキャストが似ているという部分も大きいのは間違いなさそうですね。

まだ映画「ボヘミアン・ラプソディ」を見てない方は、クイーンを知らなくても見れば大きな感動に包まれるはずです。

こちらの記事もよく読まれています